Two−Way推進工法 本文へジャンプ
掘進機のご紹介

掘進機本体

残置型掘進機

既設人孔、既設管渠、地下施設、狭小立坑などへの到達で、掘進機本体を地上へ引き上げられない場合に使用します。詳細はこちらまで

φ800mm急曲線機では、曲線半径R=10mの曲線造成能力があります。

残置型のベースカラーは青としています。

回収型掘進機

到達立坑(回収寸法)へ到達する場合に使用します。

φ800mm急曲線機では、曲線半径R=10mの曲線造成能力があります。

回収型のベースカラーはアイボリーとしています。



掘削カッター
普通土〜砂礫用十文字スポークカッター

粘性土、砂質土、砂礫(取り込み可能礫径)に対応します。
掘削する土質性状にあわせてビット形状と配列を変更します。
玉石砂礫土〜軟岩用ローラービットカッター

取り込み可能礫径以上の玉石が出現する砂礫層や軟岩層に使用します。
礫を破砕するためのローラービットを備えます。

上記の基本形状に固結土用掘削ビットや木杭木片掘削ビットを組み合わせ、
幅広い施工条件に対応しています。


Two-Way Pipe Jacking Method Association